世界のふしぎ こころの不思議

ある日、脳科学者の脳が、、!

投稿日:2019年11月8日 更新日:

 

「きみって右脳タイプだね

と言われて、

あなたはよろこびますか?

それとも、

イヤミな皮肉だと受け取りますか?

(私は少しうれしい気がします。

時々、左脳タイプに見られてしまうので)

 

右脳と左脳で人のタイプを分けるのが好きな人、

多いですね。

 

右脳派は、

芸術家肌、ちょっと天然チックな人。感覚優先。

 

左脳派は、

きっちりマジメ、なんでも筋道を立てる人。理論優先。

というぐあいで。

でも、

右脳タイプと左脳タイプの区別、

科学的にははっきりと証明されていないそうです。

 

それどころか、右か、左か、と考えること自体がナンセンス、

と批判する考えもあるとか。

 

脳のパフォーマンスについての研究はまだ20~30年という浅い歴史。

まだまだ知らないことだらけ、というのが実際なのでしょう。

ところで、

私は「脳科学」と聞くと、ちょっと冷たい印象を持っていました。

特に「脳科学者」は、

心や感情を脳ミソの電気信号の火花みたいものとして片付ける、

ロマンも夢もない人たち、、。

時々、研究データを拝借してウンチクに使っているにもかかわらず、

そんな無礼なことを考えていました。

しかし、

ある脳科学者のことを知った時、そのイメージは打ち砕かれました。

 

その人は、

アメリカ人の脳解剖学者

ジル・ボルト・テイラー博士

 

彼女は「歌う科学者」と呼ばれていました。

忙しい仕事のかたわら研究用の脳の献体を増やすため、

「脳バンク」のキャンペーンソングを自作して全米を遊説する精力的な人でした。

 

いっぽう性格面では、本人いわく

「自己主張がとても強く感情的、だれかに助けてもらうのを極端にきらう性格」で、

「たくさんの怒りと感情的な重荷」

を背負っていたそうです。
(ちょっと扱いづらいタイプかも)

 

しかし、そんな彼女が遭遇したある体験が、

脳と心の研究に一筋の光を照らすことになりました。

 

博士の身に何が起こったのでしょう。

 

ある日突然、脳が壊れた

1996年のある冬の朝、

テイラー博士は目が覚めると、

左の頭の奥に突き刺すような痛みを感じました。

すぐに右腕が麻痺して、

身体のバランスを保てなくなりました。

 

体験したことのない激痛の中、

脳卒中になったことに気づきます。

 

やっとの思いで職場に電話をしましたが、

まるでゴールデンレトリバーの鳴き声のような声しか出せず、

同僚があわてて駆けつけて、

さっそく病院に担ぎ込まれました。

 

命は助かりましたが、

脳の左半分は大出血によって水没し、

壊滅的な打撃を受けました。

 

右半分はまったくの無傷でした。

 

その間、彼女は意識をずっと保っていました。

さぞかし悲嘆にくれて、

混乱と恐怖の虜になっていただろうと思うでしょう?

 

なんと、

そうではなかったのです。

 

ひとことで言うと、

彼女は「至福の時」を過ごしていました。

 

激痛が続いているにもかかわらず。

 

なぜでしょうか?

それは、

 

大変な状況を「どうしよう!」と認識するはずの左脳が

ほとんどストップしていたからです。

 

代わりに右脳が描き出す感覚が、彼女を支配しました。

 

その時、

身体は「魔法のツボから解放されたアラビアの精霊」のように、

流体として感じられたそうです。

もはや

個体の自分、という感覚がなくなり、

宇宙との一体感と、爽やかな静寂の境地にいました。

 

テイラー博士はその時、

右脳は「悟りの世界」、

「ニルヴァーナ(涅槃)の世界」

につながっていることを発見したと語っています。

とても脳科学者の発言には聞こえません。

 

再び「歌う科学者」へ戻るために

 

このまま幸せで安らかな世界の住人でいたい、

という気持ちも強かったそうですが、

ずっとその状態にとどまるわけにはいきません。

 

その後、手術は無事成功し、リハビリの毎日が始まりました。

 

彼女の最初のトレーナーは母親でした。

読み書きや喋る能力はほとんどなくなり、

その他の能力も幼児以下レベルになっていました。

 

「アメリカ合衆国の大統領の名前は?」の正解も、

その言葉の意味さえも浮かんできません。

 

靴下とクツ、

どちらを先に履くのかもわからない状態でしたが、

お母さんが辛抱つよく付き添ってくれました。

 

中でも、できないことは考えず、

できたことを喜ぶように集中させてくれたのが、大きな励みになりました。

 

それと十分な睡眠も、

よい効果を発揮しました。

 

回復は順調にすすんでいきました。

その経過は、

 

3か月後に車の運転に挑戦。

4ヶ月後には自宅で少しずつパソコンを始め、

5ヶ月を過ぎた時には、

病気の前から予定していた大学での公開講演。

ただし専門知識は頭から消えていたので、

昔の自分の公演ビデオを観て勉強をしたそうです。

身のこなし、しゃべり方も自分の真似(?)をして練習したそうです。すごい。

 

2年を過ぎた頃から、

脳卒中とその後の出来事の記憶を再現する努力がはじまり、

それが後になって出版されます。

 

4年後は、

パスタを茹でながら電話をかけることに成功。

(そんなにムズカシイとは!)

 

4年半後に、

引き算とかけ算ができるようになり、

5年後には割り算も。

 

6年が経った年のハイライトは

「階段の1段とばし」ができたこと。

 

そして、

8年後にしてようやく、

流体に思えていた身体に、

個体の感覚がよみがえりました。

 

そして、

ふたたび「やり手」脳科学者として完全復活できたのです。

 

やはり、もともとやり遂げるガッツある人だったんですね。

 

彼女はこの8年間でとても貴重な経験と、

脳科学者ならではの気づきを得ることができました。

 

脳科学者が感じた「右脳マインド」

テイラー博士は、

この経験で観察できた右脳と左脳の特徴を、

出版した本の所々に書いています。

 

簡単にざっくり紹介しましょう。

その前に、

「右脳、左脳」はなにか堅苦しいですね。

 

テイラー博士には失礼して右脳を「ライトくん」、

左脳を「レフトさん」と呼ぶことにします。

 

まずはライトくんの特徴です。

「今、ここ」がすべて。過去も未来もない。

熱しやすく、跳ね回り、よく微笑んで、やたらとフレンドリー。

すべての存在と結ばれている感覚。

世界はすばらしい、といつも感動している。

平和、愛、歓びを表現している。静かで豊か。

うーん。

ライトくんマインド」はだれでも、

そんな風に生きられたらいいなー、

と思うような感じですね。

 

 

続いて、レフトさんの特徴は、

こまかいスケジュールをこなそうと一生けんめい。

なんでも時間順に並べてファイルするのが得意。

いわば「クソまじめ」。

過去の判例をひっぱり出して

「よいか、悪いか」をジャッジする。

空白でわからない所に勝手にシナリオを書いて、

それが本物だと通してしまう「物語作家」。

さらに「思考ループ癖」。

ループしやすいのは「もしも~だったら」

「~ねばならない」

「~なはずだ」

の3大ストーリー。

一度ループにハマると、何度でも繰り返される。

どうでしょう。

ライトくんレフトさんの仕事ぶり。

 

両者を比べれば、

どちらが歓迎されるかは、

だれの目にも明らかなはず。

 

しかし近頃、

人間社会ではレフトさんの能力ばかりがもてはやされる感があります。

レフトさんの特徴は、

私たちの悩みの種がテンコ盛りだというのに。

 

ライトくん

「順序だって考えられない」だけで笑いものにされ、

肩身のせまい思いをしている、

とテイラー博士は嘆きます。

 

しかし、レフトさんも

単に理由もなくやっかいな「クソマジメ」なのではありません。

 

ライトくんのひらめきを、

外の世界に実現させるためには、

レフトさんの能力がどうしても必要です。

 

ライトくんはアーティスト

レフトさんは敏腕マネージャー、

みたいなイメージですね。

 

テイラー博士は、

この2つの性質が組み合わさって

人格が成り立っていることを理解しました。

 

だからレフトさんの性格も、

ライトくんの性格も、

生きるためには本来欠かせないのです。

 

そしてもう一つ、

テイラー博士が発見したことがあります。

 

思考は選べる

それは『思考は選べる』ということです。

心理カウンセラーならよく使う言葉かもしれませんが、

脳科学者が発見したところが、画期的です。

 

それはリハビリ中に、

ある感覚に気づいたのがきっかけでした。

それは、

 

「喜びというのは、からだの中の感覚、平和もからだの中の感覚」

だとわかったのです。

 

感情と身体の感覚はつながっている、ということですね。

 

すごい発見だと思います。

 

そこから、

一つの感情が起こった時に、

それをつなぎ止めて身体に残しておくか、すぐに追い出してしまうか、人間はそれを選ぶ力を持っていることに気づいたのです。

 

もともと彼女自身、

脳卒中の前は、

「『自分』なんて脳がつくりだした結果に過ぎず、どのように感じ、何を考えるかについては、ほとんど口出しできない」

と思っていました。

 

しかしリハビリをしながら、

右脳の「宇宙との一体感」を失わないまま、

左脳の「まともな」働きを復活できないか、

挑戦しました。

 

その結果、

成功して「あたらしいジル・ボルト・テイラー」

になれたそうです。

 

そのためには

左脳の「イやな部分」をなんとかしなければなりませんでした。

 

それをどうやって?

だれもが知りたいですね。

テイラー博士も

「脳障害の回復途中の人だけでなく、脳を持っている人ならだれでも!」

人生を変えられる、と書いています。

 

その方法とは、如何なるものか⁉

 

続きは後日!

(ネタばらしをすると、

びっくりするような方法ではありませんが、

参考になる内容なので、次回ブログでご紹介します。)

続く、、、。

参考:「奇跡の脳」ジル・ボルト・テイラー著 竹内薫訳 新潮社

 

あなたとお会いできることを楽しみにしています。

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

人生このままでいいのかな...
なんだかわからないけど違う気がする...
もう頑張るのも疲れた...

と、悩んでいるあなたへ。

自己啓発本を読んだり、
心理カウンセラーの言葉を聞いても
「変われない自分」に落ち込んでいませんか?

自己啓発や心理学程度では
どうしようもできない人も必ずいるんです。

でも、「あること」をイメージして
一瞬、脳をだますだけで

やりたいことが明確になり、
即行動できる自分になれる!

元、お寺勤めの
異色セラピストが教える
「エモーション・フィット・セラピー」

【お試しカウンセリング】初回限定

通常120分22000円のセッションを

毎月先着5名様に限り、

60分3000円でお試しいただけます。
(6名様以降は7000円になります)

セラピストとの相性は大切です。
まずは気軽にお話ししてみませんか?

2回目以降のお申し込みはこちら↓

電話でのお問い合わせは
050-3743-7100(10時~21時)

 

-世界のふしぎ こころの不思議

PAGE TOP

Copyright© マインドセラピーわきやま , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.