きもちコントロール

カッコわるい人をカッコよく変える法

投稿日:2019年6月30日 更新日:

あなたはどんな時に、「じぶんってカッコわるい」と感じますか?

たとえば、

・仕事でミスをして、大勢の前で怒られる。

周りのヒソヒソ声や見えない視線を感じる、、。

・ツルっと足を滑らせて、路上でコケる。

通行人がよけて通り過ぎる中、平静をよそおって立ち上がるけど、内心はずかしくてしょうがない、、。

 

だれでも、カッコわるい状況にはハマりたくないものですね。

上の二つの例、どちらの「カッコわるい」場面も「だれかに見られて」います。

そう、私たちは、まわりの人と比べて『自分だけが違う』時に「カッコわるい」と感じるということですね。

だれにも見られていなければ、「カッコわるさ」はそれほど気にならないものです。

「長いものには巻かれろ」

「出る杭は打たれる」

「赤信号、みんなで渡ればこわくない」

個人より集団を大切にしがちな日本人には、おなじみのことわざ(?)です。

よく言えば「恥の文化」、でもその気質がかえって、人を臆病にさせる面もあります。

カッコわるい状況では、内気な人はもっと内気に、自己肯定感の低い人はより低くなりがちです。

特に最近は、この「カッコわるい敏感症」の人が多いように感じます。

 

でも、ちょっと待ってください。

人とちがうことは、すべて「カッコわるい」でしょうか?

たとえば、

 

ステージで熱唱する人気バンドのボーカリストはカッコわるい?

 

会議で華麗にプレゼンするキレモノのビジネスマンはカッコわるい?

 

大相撲で土俵入りする横綱はカッコわるい?

 

どの人も、「すごい、カッコイイ」と思われています。

そんなカッコイイ人たちでも、「人と違って」いるという点は、カッコわるい人と同じです。

せっかく、カッコイイ人たちと共通点があるのですから、どうにかして活用できないでしょうか?

 

内気なヒトほど、ピンチを活かせる

「人と違う」時には、かならず注目を浴びます。

この「注目を浴びる」瞬間を利用しない手はありません。

しかも、その瞬間で、あなたのイメージを変えられるとしたら、どうでしょうか?

変えてみたいと思いませんか?

「カッコわるい敏感症」の人は、平常時に、『ハイっ』と手を挙げるのが苦手なはず。

でも、カッコわるい時は、何の努力も無しに、あなたは周囲の注目を集めていることに、成功しているのです。

これを機にイメージチェンジを図る、まさにコロンブスの卵的な発想ではありませんか?

 

いつもと「真逆」を演じよう

では肝心の、その方法は?

「そんなこといっても、自己アピールが苦手な人は、カッコわるく目立っている時に小細工などできないよ!」

 

ごもっともです。

それでは、では、そんな内気な人でもできる、シンプルで、一瞬で済む方法でいきましょう。

ワンアクション、もしくは一言だけでオーケーです。

 

何をやるか?

 

それは『真逆の反応』です。

まず過去のカッコわるかった場面を一つ思い出します。

そして、その時の行動の、真逆の反応や一言は何かを考えます。

ポイントは、自分がやりやすい小さな「真逆」を考案することです。

たとえば、

反射的に言い訳した → まず「そうですか」と受け入れてみる

気が動転してあわててオロオロした → 一旦コラえて、ゆっくりうなずいてみる

かッとなって言い返した → だまって一回深呼吸してみる

ただし、

顔が赤くなった→顔を赤くしない、声が出なかった→大声で笑う、など無理なことはトライしないでください。

本当にちょっとしたこと、すこし意識すればできることでいいのです。

 

カッコわるく目立った瞬間の『真逆のマイルール』を決めておきましょう。

 

あなただけのおまじない

この「マイルール」は、あなた自身にとっていいことが2つあります。

ひとつは「おまじない」になります。

いざという時に不思議と落ち着くことができるはずです。

もう一つはあらかじめ「心がまえ」ができます。

そして、気持ちの余裕が生まれます。

「カッコわるい保険」をかけておくようなもの、ともいえます。

 

えっ、あの人ってあんな感じだった?

「カッコわるい」場面で、

周囲の人は、あなたを「かわいそうに」と見守るでしょう。

あなたがどんな反応をするかも、大体予想しているかもしれません。

しかしその時、あなたの表情、ひとこと、身のこなし、、、どれか一つでも見守る人の予想を裏切った時、そこにおどろきが生まれます。

「この人、本当は余裕があるんだ」その瞬間に、あなたに関するイメージは書き換えられます。

そう、人は意外と単純なのです。

特に他人に対するイメージというものは、あっけなく変わることが多いのです。

このハプニングをきっかけに「本当はもっとすごい人かも」となって、見る目が違ってくるかもしれません。

 

「カッコわるいエンターティメント」が病みつきに?

さあ、あなたの「真逆のマイルール」を考えてみましょう。

大丈夫、何も起こっていない時は注目されていないので、一人でゆっくりと考えられます。

これができれば、あなたはむしろ、カッコわるい状況が待ち遠しくなるかもしれませんよ。

 

でも、病みつきになって、わざと人前でコケるような趣味に目覚めないでくださいね。おわり

 

あなたとお会いできることを楽しみにしています。

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

人生このままでいいのかな...
なんだかわからないけど違う気がする...
もう頑張るのも疲れた...

と、悩んでいるあなたへ。

自己啓発本を読んだり、
心理カウンセラーの言葉を聞いても
「変われない自分」に落ち込んでいませんか?

自己啓発や心理学程度では
どうしようもできない人も必ずいるんです。

でも、「あること」をイメージして
一瞬、脳をだますだけで

やりたいことが明確になり、
即行動できる自分になれる!

元、お寺勤めの
異色セラピストが教える
「エモーション・フィット・セラピー」

【お試しカウンセリング】初回限定

通常120分22000円のセッションを

毎月先着5名様に限り、

60分3000円でお試しいただけます。
(6名様以降は7000円になります)

セラピストとの相性は大切です。
まずは気軽にお話ししてみませんか?

2回目以降のお申し込みはこちら↓

電話でのお問い合わせは
050-3743-7100(10時~21時)

 

-きもちコントロール

PAGE TOP

Copyright© マインドセラピーわきやま , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.