『天地遍路』のブログ

〈阿波路番外編 箸蔵寺〉〔食レポの禁をやぶる!〕

投稿日:2018年5月23日 更新日:

(別格霊場 箸蔵寺)

朝から曇り。

午前中は100%雨の予報。

image

 

7時出発。

宿のご主人と記念撮影。

娘さんと、宿から見えなくなるまで、手を振って見送っていただいた。

image

 

今日は吉野川沿いにある、別格霊場の箸蔵寺へ向かう。

 

国道の途中に、中央構造線の馬路断層という標識があった。

image

日本列島の背骨ともいえる活断層の親玉、中央構造線が通っているのだ。

 

雨はすぐに降り出した。

image

 

ツバメが川の水面ギリギリに滑空していった。精悍な飛びっぷりだ。

 

しばらく歩くと、川幅の大きな吉野川が見えてきた。かなり深そうだ。

image

 

日本一広い河口を持つ吉野川なので、こんなに水量が多いのだろうか?

 

もう少し行くとその謎が解けた。

image

 

ここはダムだったのだ。

高低落差はあまりないダムだが、発電所があるらしい。

これで吉野川の氾濫が防げているようだ。

 

池田の市街を対岸に見ながら、川の北岸を東へ進む。雨は降り続いている。

 

途中池田ダムの横の公園で休憩を取る。

雨が降っていると、どうしても体力が消耗しやすく、休憩時間も長くなりがちだ。

 

遍路道に線路が横切っている。

線路内に入らないでください、という標識もあったが、ここを突っ切る以外に道はないので、安全確認をして渡った。

 

image

 

すぐ先に、ロープウェイ乗り場があった。

image

 

ロープウェイ乗り場を通り過ぎ、参道へ続く山道へ入る。

image

 

雨の中、ポンチョの内側に汗をかきながら登る。

霧も出てきた。

 

そういえば昨日、宿のご主人が、昔のお遍路さんは不治の病で見放されたり、伝染病にかかっていると誤解されたりして、最後の生き場所として遍路を廻り続けるしかない、という人も大勢いた、というお話をされていた。

そういう方が遍路道で息絶えて亡くなっていく。

その墓標があちこちの遍路道に残されていく。

お遍路には、そんな悲しい一面も昔はあった。

そんなことを考えながら、歩いていくうちに、

 

●箸蔵寺の山門に到着した。

image

いつもならば、ここでお寺に到着、となるのだが、箸蔵寺は違った。

 

まず、平らに整地された参道を行く。金毘羅神のお寺なので、鳥居が出迎えてくれた。

image

 

その先に、なんと約500段の階段が待ち構えていた。

image

 

ひたすら長い階段を昇りつづけて、やっとお寺の伽藍の場所に出た。

image

これが本堂、と思ったら、ここは護摩堂。

 

本堂へはあと、2百数十段、さらに石段を登らなければならない。

image

 

山門をくぐってから、何分経っただろうか、やっと本堂に着いた。

 

素晴らしく重厚な建築。

この本堂は昔から、ろうそくや線香、火の使うものを一切供えない習慣があるらしい。理由はお聞きできなかった。

image

 

箸蔵寺の起源は、

この地で空海が讃岐に鎮座されている金毘羅神のご神託を受けて、金毘羅大権現の像を刻まれて安置したことに始まる。

神の啓示を受けたわけだ。

金毘羅様は、船の航行安全にお力があるといわれ、金毘羅宮の奥の院になっているこの箸蔵寺に、漁師さんもよく参拝に来られるそうだ。

 

広大な境内の中には、お堂やお社が数多く鎮座されているが、雨が降っているせいか、不思議と他に参拝者はだれもいない。

ロープウェイが運行しているぐらいのお寺なのに、だ。

境内を貸し切っているような気分で、本堂前にてお参り。

下の護摩堂で、毎日朝と夕方に護摩を焚いているらしい。

 

父の戒名を書いて、護摩供養をお願いした。

image

 

実は、父と母の生家が両方とも、この箸蔵寺から10数キロの場所にあるのだ。

まだ親戚も近くに住んでいる。

今回、四国に来ていることを親戚には知らせていなかったが、急に近く来ていると連絡すると、気を遣わせることにもなるので、今回は寄らずに、お遍路を続けることにした。

 

そういうことで、7年前に亡くなった父も、箸蔵寺で供養してくれるとなると、喜ぶのではないか、と思い、護摩木を書いたのだ。

そういえば、父の命日は3日後の5月26日だった。

 

続いて、御影堂で、お大師様に勤行をさせていただく。

降りしきる雨の中、周りにはだれもいない。

お堂の中から、お大師様にじっと見つめられているようだ。

体が冷えてきたが、一生懸命お経を唱えた。

 

周りの木々も神々しく、歴史を感じさせる伽藍の数々に、圧倒される感じだ。

 

ここは天神社。

 

ちなみに、いきなり話がそれるが、

 

ここで、いつもお参りした後に納めている、「納め札」とはどんなものか、ご紹介しておこう。

image

これに住所、名前を書いて、言ってみれば参拝の記帳の代わりに、札を納めるというもの。

他に、お遍路に親切にしていただいた方に、この納め札をお渡しする、という使い方もする。

お寺へ納める方法はお堂の前に置いてある、こういう箱の中に入れる。

image

 

参拝を終え、リュックを担いで山を下りようとした時、まるで交代するようにロープウェイ駅から団体の参拝の方々が上ってきた。

1時間近く、だれも来なかったことは本当に驚いた。

参道を守護されている大天狗像と烏天狗像が見送ってくださった。

image

image

登ってきた道を戻り、ふたたび下のロープウェイ駅までたどり着く。

 

この近くのうどん店がおいしいと、宿のご主人にお聞きしていたので、冷えた体を温めるためにも、うどん店に入る。

image

宿のご主人おすすめの釜揚げうどんを注文。

 

食レポはしない主義だが、シンプルかつ大胆なうどんが出てきたので、これはぜひ紹介したい。

image

横の大きなとっくりに中には、うどんのだしが入っていて、自分でうどんに入れて、好みの味を調節する。

とっくりの持ち手は太い針金を曲げて作ってある。荒々しい。

 

おいしかった。

いざ、食べようとした瞬間、ハッと思い出して、写真を撮った。

出汁と麺がいい感じでからむ、というのだろうか、、、食レポをしようとすると、聞きなれた言葉しか出てこない。

とにかく、うまかった。おいしかった。

シンプルさが、作り手の絶妙なさじ加減をよく伝えている、というところか。表現がむずかしい。

地元の人が入れ替わり来て、黙々と食べている。

店員も淡々と動いている。飾り気がないが、地元の人がよく通うおいしい店、という感じがした。

以上 食レポ終わり。

 

ここから、また吉野川を逆にたどり、川沿いの宿へ向かう。

image

 

image

 

宿は、坂の上にあるので、近くの郵便局まで迎えに来てくれるという。

車で迎えに来てもらい、午後4時半ころ、宿に入る。

宿には男性2人と、ポーランドから来た年配の女性が1人泊まっていた。

 

女性は明日はタクシーで六十六番札所まで登るという。

荷物が重くて、平地と下りしか歩けないそうだ。

 

明日は札所めぐりに戻り、六十六番 雲辺寺に向かう。

八十八ヶ所の中で、もっとも標高の高いお寺だ。

 

あなたとお会いできることを楽しみにしています。

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

人生このままでいいのかな...
なんだかわからないけど違う気がする...
もう頑張るのも疲れた...

と、悩んでいるあなたへ。

自己啓発本を読んだり、
心理カウンセラーの言葉を聞いても
「変われない自分」に落ち込んでいませんか?

自己啓発や心理学程度では
どうしようもできない人も必ずいるんです。

でも、「あること」をイメージして
一瞬、脳をだますだけで

やりたいことが明確になり、
即行動できる自分になれる!

元、お寺勤めの
異色セラピストが教える
「エモーション・フィット・セラピー」

【お試しカウンセリング】初回限定

通常120分22000円のセッションを

毎月先着5名様に限り、

60分3000円でお試しいただけます。
(6名様以降は7000円になります)

セラピストとの相性は大切です。
まずは気軽にお話ししてみませんか?

2回目以降のお申し込みはこちら↓

電話でのお問い合わせは
050-3743-7100(10時~21時)

 

-『天地遍路』のブログ

PAGE TOP

Copyright© マインドセラピーわきやま , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.