プラグマチック(実用的)な日々

「飽食」と「ひきこもり」の関係

投稿日:2019年8月8日 更新日:

前回ブログからの続きです。

私たちが直面する「困難」とは?

 

内容を振りかえると、

人類は、さまざまな困難に直面してきました。

特に、この数十年で、すべての困難を駆け足で再体験しました。

そして、今は何の困難に遭っているか?

考えて、よりよく生きるヒントを見つけよう!

 

ということでした。

 

どうでしょう、何か浮かびましたか?

 

私はこう考えました。

 

『飽食』は人類のあこがれだった

 

今の時代は、『飽食の困難』に直面しているように思います。

いつからか、「飽食の時代」と言われています。

「飽食」は最近の造語でなく、中国の古典にも出てくる言葉だそうです。

その意味は、

① 飽きるほど十分に食べること。
② 食物に不自由しないこと。生活上の苦労がないこと
(大辞林第三版より)

 

でも、十分に食べたり、生活の苦労がないことが、なぜ「困難」になりうるのでしょう?

それは、人間が今まで「毎日がおなかいっぱい」を経験したことがないからです。

経験がないと、さじ加減がわかりません。

人間はもともと「飢え」に適応する力が備わっているそうです。今までの大半の時間は「飢えていた」からです。

お腹いっぱい食べて、快適に暮らすのは、人類のあこがれでした。

でも、それによって、かえってペースを乱される人が増えているのです。

「飽食」になると、人間の快適さや幸せを感じるセンサーが未知の数値を感知して、イカれてしまうのではないでしょうか。

 

もちろん中には、今でも生活に困窮している人はいます。

それも元を糺せば、人間の欲を刺激する「飽食モード」に踊らされた社会の反動が、弱い立場の人々に降りかかっている、と思えるのです。

 

オレの背中が泣いてるぜ、、。

戦中、戦後世代の人たちは、日本を豊かにしよう、子どもにひもじい思いをさせまい、と、一生懸命がんばりました。

その背中を見て育った子どもは、「ありがたいなあ」と思ったり、さまざまな想いを感じて育ったでしょう。

しかし、そんな子どもが親になるまでには、ある程度、豊かさが浸透してきました。そして、その親の背中を見た子どもは、さらに豊かな時代を背景にして育ちました。

そうやって、わずか2代で、価値観がガラッと変わってしまいました。

戦前・戦中世代から2代後の子どもは、物が豊かで腹いっぱい食べられる日常が、価値観の出発点になりました。

上の世代の人々は、そんな彼らの価値観に、理解不能の白旗を上げてしまいます。

だからといって、「今の若いモノは!」と、批判していいものでしょうか?

子どもは、刷り込まれた情報をそのまま吸収しているだけです。

子どもは素直なのです。

以前、小学生が魚の切り身が海を泳いでいると思っていた、という話が話題になりましたが、彼らにとっては、それもごく自然な発想なのかもしれません。

 

目の前の豊かさは「あれ、ちょっとおかしい?」という気づきから、眼をそらさせてしまいます。

食べすぎで慢性病になる、便利な生活と引き換えに環境が汚染される。わかってはいるけど、おいしいお菓子に手を伸ばしてしまう、ちょっとそこまで行くのに車を使ってしまう、、。

誘惑に、つい気を許してしまいます。

本当にやっかいですが、ワタシも他人のことは言えません。

 

「飽食」は本当にタチの悪い困難です。

 

それを肌で感じている、と思う

「飽食」の心地よさには、人間を足腰から弱らせる危うさが潜んでいます。

それに気づいている人もいます。

「ニート・引きこもり」と呼ばれる人々は、それを肌で感じている、と思うのです。

ニートや引きこもりになる原因はさまざまです。

親に依存してずっと自室で過ごせるのも「飽食の時代」だからこそ可能です。

そんな生活がうらやましい、、と言う人がいるかもしれません。

しかし、本当にそうでしょうか?

もしそうならば、ニート・引きこもりの人たちは、もっと幸せそうにしているはずです。

でもそういう人にはあまり会ったことがありません。

むしろ、ほぼ全員が精神的に追いつめられています。特殊な例では事件の加害者になってしまったケースも、先日報道を賑わしたばかりです。

ニート・引きこもりの皆さんが、社会や家族とのつながりを頑なに拒んでいる姿。

私には、

引きずり込まれて、逃げ出せなくなった「飽食」のワナに、これ以上巻き込まれないよう、必死に抵抗しているかのように見えてしかたないのです。

自己防衛本能の表れ、とさえ感じられます。

そういう意味で彼らは、この時代の危機を先読みしているかもしれません。

 

もう午後6時。おなかすきましたね。

満たされているけど、どこか空虚だ、と感じる時、

「飽食」について考えてみると、なにか糸口が見つかるかもしれません。

 

関係ありませんが、私は最近、1日2食で、間食もやめました。

「飽食」を克服しようとしているわけではありません。たんなる食生活の見直しです。

1日2食にして、いちばんよかったと思うのは、

晩ご飯がおいしいこと。これに尽きます。

 

空腹は、健康の妙薬だ、と言いつつ、つい晩酌の量が増える、この頃、

夜だけは「飽食」のトリコになる、ワタシです。

 

 

おわり

 

あなたとお会いできることを楽しみにしています。

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

人生このままでいいのかな...
なんだかわからないけど違う気がする...
もう頑張るのも疲れた...

と、悩んでいるあなたへ。

自己啓発本を読んだり、
心理カウンセラーの言葉を聞いても
「変われない自分」に落ち込んでいませんか?

自己啓発や心理学程度では
どうしようもできない人も必ずいるんです。

でも、「あること」をイメージして
一瞬、脳をだますだけで

やりたいことが明確になり、
即行動できる自分になれる!

元、お寺勤めの
異色セラピストが教える
「エモーション・フィット・セラピー」

【お試しカウンセリング】初回限定

通常120分22000円のセッションを

毎月先着5名様に限り、

60分3000円でお試しいただけます。
(6名様以降は7000円になります)

セラピストとの相性は大切です。
まずは気軽にお話ししてみませんか?

2回目以降のお申し込みはこちら↓

電話でのお問い合わせは
050-3743-7100(10時~21時)

 

-プラグマチック(実用的)な日々

PAGE TOP

Copyright© マインドセラピーわきやま , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.