きもちコントロール

「言葉の役割」が分かれば、すべてうまくいく

投稿日:2019年9月17日 更新日:

あの言葉が、時計の針を巻き戻す

「あの人の、あの一言が、ずっと心から離れない」

だれにでもあると思います。

 

その言葉を思い出す時、心は時空をこえて、その時の場面へ飛んでいきます。

そして、思い出すたびに何十回、何百回、と心の中で繰り返されます。

 

たとえば、「あなたが大切だよ。」

という言葉は、思い出すたびに心の支えになってくれます。

あるいは、「おまえなんか消えてしまえ!」

という言葉が心に残ってしまったら、それを思い出すたびに辛くなります。そして心に暗い影を残します。

言葉は人を勇気づけることも出来れば、傷つけてしまうこともあります。

ひと言の重み、というものは、なんと大きいのでしょう。

「言葉」ってなんだろう?

かた苦しくいうと「言語」が正確かもしれませんが、ここは「言葉」としておきましょう。

そもそも、言葉は何の為にあるのでしょう。

 

ひとつは、考えを「伝える」ためです。

言葉をしゃべったり、書いたり、読んだりすることで、伝えたい内容をキャッチボールできます。

 

もう一つは「共有する」ためです。

ある言葉を受け取った人たちが、同じ考えを同時に理解することができます。

もし言葉のない世界ならば、お知らせ告知もできませんし、ましてや、LINEやメールで一斉連絡することもできません。

 

ようするに、考え自体はアナログモードでも、言葉によって記号化(デジタル化)することで、コピペで共有したり、ファイル交換したりできる、ということです。

(岡本太郎さんは、そのアナログモードな想いを「ゲイジュツは爆発だ!」とばかりにアート作品で表現したんでしょうね。。、、話と関係ないか。)

 

言葉は、すごい役割を持っているんですね。

 

また、別の役割として、「ヒトは言葉で思考している」という説もあります。

そう言われてみれば、ものを考える時、心の中で一人でしゃべっていることに気づきませんか?

私たちは頭の中で、五感の感覚やイメージを言葉に換えて、名前を付けて、心の引き出しに整理しているのかもしれません。

 

ちなみに、

赤ちゃんが初めて言葉を話すきっかけは何でしょうか?

それは、お母さんとの一体感が、他者(主にお父さん)によってジャマされること、それによってお母さんを呼ぶために言葉が生まれる、と精神分析の本には書かれています。

母親と一心同体だと思っていた赤ちゃんが、言葉によって一個の人間として目覚める、ということですね。

 

言葉とうまくつきあうために

言葉に大切な役割があるのはわかりました。

でも、それだけで言葉と上手につきあう術はわかりません。

どんな言葉を受け取っても、自分にとって実りあるものにするためには、言葉のもっている、ある性質を知ることが大切です。

 

言葉のある重要な性質。それは、

言葉は「代用物」ということです。

たとえば、

ある人が「空を眺めるのが好き」と言った時、聴いた人が、さわやかな日の出の空を想像するかもしれません。しかし言った人は、夕ぐれの空を眺めるのが好きなのかもしれません。

言葉という記号を受け取っても、受ける側のフォーマットが違えば、ディスプレイにはちがった画像が写る、ということです。

 

言われてみれば当たり前の、そんな言葉の性質を忘れて、言葉そのものから過剰に影響を受けていることはないでしょうか?

マジメな人ほど、その傾向は強いようです。

そうならないためには、言葉そのものだけを鵜呑みにしないことです。

言葉の周辺にある情報も併せて受けとめることが大切です。

それにはまず、

その言葉が発せられた前後の状況を考えましょう。

また、言った人が抱えている事情も、ある程度想像できるかもしれません。

それと、言った人自身の「人となり」「クセ」を忘れないことです。

普段なら出来ても、不意打ちの言葉を浴びた時は、言葉そのものが、ストレートに受けた人の心を直撃するのです。

言葉自体は本質でないということと、周辺の事情やなりゆき、想いを含めて考えれば、どんな言葉でも落ち着いて受けとめることができます。

 

これは、事前の心がまえだけでなく、過去に言われた一言に囚われている人にも有効です。

その時の状況を思い返して、言葉から受けた印象を書き換えることは、じゅうぶんに可能です。

 

大切にしたいあの言葉

 

宝物のようなひと言を、ずっと心に留めている人は幸せです。

思い出すだけで、言ってくれた人の想い、表情、いろいろなことを記憶から引き出してくれます。

大切な言葉は、いつでも取り出せるように、心の引き出しの一番上の所にしまっておきましょう。

    

 

そんないい言葉は、今までもらったことがない?

そんなことはありません。

それは、あなたが気づいていないだけです。

心の中につらい記憶を抱えている時は、そちらに意識が偏ってしまって、いい言葉の記憶に焦点が合いにくいのです。

 

今は、本当にたくさんの言葉に触れる機会がある時代です。

たとえば歌の歌詞とか、映画のワンシーンとか、一見、不特定の人たちに向けたようなメッセージの中に、自分のために送ってくれた、と感じる言葉が必ずあります。

あなたが、受け入れる準備さえしていれば、それはひょんなところから、顔を出してくれるものです。

ぜひそれを見つけてください。

 

かならず見つかりますよ。

 

おわり

 

 

あなたとお会いできることを楽しみにしています。

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

人生このままでいいのかな...
なんだかわからないけど違う気がする...
もう頑張るのも疲れた...

と、悩んでいるあなたへ。

自己啓発本を読んだり、
心理カウンセラーの言葉を聞いても
「変われない自分」に落ち込んでいませんか?

自己啓発や心理学程度では
どうしようもできない人も必ずいるんです。

でも、「あること」をイメージして
一瞬、脳をだますだけで

やりたいことが明確になり、
即行動できる自分になれる!

元、お寺勤めの
異色セラピストが教える
「エモーション・フィット・セラピー」

【お試しカウンセリング】初回限定

通常120分22000円のセッションを

毎月先着5名様に限り、

60分3000円でお試しいただけます。
(6名様以降は7000円になります)

セラピストとの相性は大切です。
まずは気軽にお話ししてみませんか?

2回目以降のお申し込みはこちら↓

電話でのお問い合わせは
050-3743-7100(10時~21時)

 

-きもちコントロール

PAGE TOP

Copyright© マインドセラピーわきやま , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.