HSP アダルトチルドレン 生きづらさ

『劣等感依存症』にはネ〇が効く?

投稿日:2021年1月28日 更新日:

「あの人に比べたら私なんて、、、」

と、

つい、人と比べてしまうクセ、

ありませんか?

 

だれでも、となりの芝生は青く見えるもの。

 

特に、生きづらさを感じている人は、
劣等感が強い傾向があります。

 

セラピーセッションでも、

「私は人より劣っている」と

自信たっぷり(?)に語る方が多いのですが、

 

そこまでわるく考えなくても、、、

と感じることもしばしばあります。

実際は、かたよった思い込みであることが多いのです。

 

そして、やっかいなのは、

劣等感は習慣化しやすい、

ということ。

 

いつも劣等感を感じていないと

居心地が悪くなる、

という、

いわば「劣等感依存症」

 

この「依存症」になっている方はとても多いのです。

 

そうなると、

人からほめられたり、よいことが起こっても、

 

「ワタシなんか、まだまだ、、」

「まぐれまぐれ、次はどうせ失敗するよ、、」

 

と無意識にマイナスに解釈してしまう、、。

 

そんな習慣はなんとか変えられないものでしょうか。

 

劣等感を減らすために

 

まず、

劣等感を手放せない自分を

責めないであげてください。

 

そもそも劣等感は、

あなたの良さである謙虚さ、すなおさが、

少しオーバーに反応しただけなのです。

 

見方によっては劣等感を、

あなたの『能力』として、

見直せるかもしれません。

 

たとえば、

人とのわずかな差も見つけるには、

すぐれた観察力が必要です。

 

もともと別々なはずの人の個性を、

同じものさしで測ろうとするには

豊かな想像力も要ります。

 

そして、敏感な感性

これらの能力を利かすには欠かせません。

 

こじつけに聞こえるかもしれませんが、

見方を変えれば、

「百害あって一利なし」と思っていた劣等感も、

あなたの能力がたまたま別の形で表現された、

ともいえるのです。

 

 

そして何より、

速効性があるのは、

感性のアンテナの向きを変えることです。

 

人と比べている自分に気づいたら、

感性の向きを、

他人でなく、

自分自身に向き変えてみます。

 

そして、

努力したプロセスや、

わずかでも成長したこと、

 

自分の中の変化を観察してみてください。

 

自分の変化に興味が向くほど、

ふしぎと他の人の存在は気になりにくくなります。

 

「それがカンタンにできたら苦労はないよ」

と言われるかもしれませんが、

心がけておけば、意外とできるものです。

 

「あっ、劣等感を感じてるな」と気づいたら、

あとはあなたの選択しだいです。

 

他人とのちがいに目を向けるか、

 

自分ががんばっているプロセスに目を向けるか、

 

後者を意識するだけで、

劣等感は減らしていくことができます。

 

ガラッと変わって、ネ〇の話?

 

突然、

話が変わりますが、

 

ある一種類の野菜しかないのに、

長きにわたって愛されている

八百屋さんがあるのを知っていますか?

 

扱うのは、本当に1種類。

なんと、

長葱だけ!

人参、キュウリ、トマトはおろか、

玉ねぎ、万能ねぎすら置いていません。

 

その八百屋さんは『葱商(ねぎしょう)』と呼ばれています。

正確には飲食店などプロ向けのお店です。

(贈答用は一般でも買えるそうです)

 

東京の千住という所に、

江戸時代から続く青果市場があり、

そこは、長葱専門で知られた『葱商』のお店が数軒あるのです。

 

なぜ長葱だけで商売できるかというと、

 

長葱は、

和食料理に欠かせない食材です。

 

そして料理によって、

使う長葱のタイプがまったく異なります。

 

たとえば、

焼き鳥には、串刺しにちょうどいい細さの葱、


(やきとりの絵がなかった、、)

 

鍋には煮崩れせず、トロ味がたっぷりの葱、

 

おそばの薬味には少量でもピリッとくる辛さと香りのある葱、、

料理によって、長葱に要求されるものが全然ちがうのです。

そんなプロたちの要求に応えるために、いい葱を吟味する目利きが必要です。

 

『葱商』たちはそのニーズに応えて、

代々、長葱だけに特化して商いを続けているのです。

 

そんな「葱商」には、

農家がプライドをかけて作った『極上の葱』が集まってきます。

 

そうすると、質のいい葱を求めてさらに、お客さんが集まる、ということですね。

 

葱商の人たちの、

『葱愛』は人一倍です。

プライドを持って励める仕事は、さぞ楽しいんでしょうね。

 

なんで、いきなり八百屋さんの話?

と思われるでしょうが、

 

ちょっと考えてみてほしいんです。

 

もし葱商の人たちが、

大手スーパーの青果売り場を見て、

 

『すごい品揃えだ、それにきれいなディスプレイ、

ああ俺たちなんて、ぜんぜんだめだ、、、』

 

と嘆いていたとしたら、

あなたは、

 

「なんてもったいことを、もっと自信を持っていいのに!」

「もっとこだわりのネギを追求して!」

と思うのではないでしょうか?

 

それと同じで、

わざわざ自分を低く見ようとするか、

自分ならではの個性を大切に思うか、

 

そのちがいだけで、

行動も、周囲の反応も大きく変わってくるんです。

 

もし、

あなたが働くとしたら、

『葱商』とスーパーの青果売り場、

どちらが「おもしろそう」と感じますか?

 

心が敏感な人ほど、スーパーよりも、

葱商のこだわりスタイルに興味を持つのではないでしょうか

 

あなたのこまやかさ、感性を向ける方向を変えるだけで、

あなたはもっと輝くことができますよ。

 

どうしても劣等感が消えない!

『葱商』みたいに生きるにはどうしたらいいの?

という方は、

「心の専属トレーナー」がお手伝いします。

 

あなたとお会いできることを楽しみにしています。

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

人生このままでいいのかな...
なんだかわからないけど違う気がする...
もう頑張るのも疲れた...

と、悩んでいるあなたへ。

自己啓発本を読んだり、
心理カウンセラーの言葉を聞いても
「変われない自分」に落ち込んでいませんか?

自己啓発や心理学程度では
どうしようもできない人も必ずいるんです。

でも、「あること」をイメージして
一瞬、脳をだますだけで

やりたいことが明確になり、
即行動できる自分になれる!

元、お寺勤めの
異色セラピストが教える
「エモーション・フィット・セラピー」

【お試しカウンセリング】初回限定

通常120分22000円のセッションを

毎月先着5名様に限り、

60分3000円でお試しいただけます。
(6名様以降は7000円になります)

セラピストとの相性は大切です。
まずは気軽にお話ししてみませんか?

2回目以降のお申し込みはこちら↓

電話でのお問い合わせは
050-3743-7100(10時~21時)

 

-HSP, アダルトチルドレン, 生きづらさ

PAGE TOP

Copyright© マインドセラピーわきやま , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.