人前でアガらない方法おしえます

更新日:

 

人前でアガらないヒケツって何でしょうか?

 

 

 

いい方法があったら知りたい!
という人がたくさんいるかもしれません。

 

 

 

みている人をカボチャだと思え、
とか、

 

 

 

手のひらに「人」と書いてのみ込む、
とか、

 

 

 

いろいろいわれていますが、
実際やってみたことはありますか?

 

 

 

で、その効果はあったでしょうか?

 

 

 

断言できます。

 

 

 

アガらない方法をいくら試しても、

 

 

 

ぜったいに失敗します!

 

 

 

セラピストが「ぜったい」なんて
決めつけてはいけないのですが、

 

 

 

これについては
「ぜったい」といえるでしょう。

 

 

 

なぜなら、

 

 

 

アガらない方法を試す、ということは、

 

 

 

もうそこで、

 

 

自分はアガっている
ということを
認めているからです。

 

 

 

そして、
アガっている自分を
「アガっちゃダメ」とますます否定して、

 

 

 

悪循環のるつぼに入り込んでしまうんですね。

 

 

 

 

でも、じつは、

 

 

 

大事な場面でキンチョウしたり、
アガったりするのは、

 

 

 

正常な身体のはたらきなんです。

 

 

 

体と脳のパフォーマンスを上げるため、
心臓がたくさん血液を送り込もうと
ドキドキを早めるのです。

 

 

手に汗をかくのも、
ヒトの先祖が木の上で暮らしている時代、
敵から逃げる時に手足が
滑らないようにしていた名残り、
といわれています。

 

 

 

ようするに、

 

 

 

 

キンチョウ
パフォーマンスを上げるための準備なんです。

 

 

 

それを、
アガっちゃダメ、と抑えつけるから
逆にうまくいかないんですね。

 

 

 

「キンチョウすると失敗する」
というのは、

 

 

まったくのカン違いなのです。

 

 

 

カン違いを防ぐには、
アガり始めた時、
その状態をどう捉えるかが大切です。

 

 

 

アガってきたな、と思ったら、

 

 

「おっ、身体がハイパフォーマンスな状態を作ってくれてるな」

 

 

と考えてみて下さい。

 

 

 

それだけで、
人ノビノビと自分らしく
振る舞えるようになるはずです。

 

 

 

と、
私が自信を持って言えるのは、

 

 

 

じつは以前、
ある光景に出くわしたからなんです。

 

 

 

昔、ある仕事で、

 

 

だれでも知っている
芸歴60年超えの超有名な
男性コーラスグループの
控室に同室したことがあるんです。

 

 

 

そのグループが、
ある会場にゲストとして
数曲歌うために呼ばれたのですが、

 

 

 

お迎えのスタッフの1人として
対応したんですね。

 

 

 

控室では、
全員リラックスしていたのですが、

 

 

 

出番が近づき、舞台袖で待機している時、

 

 

 

一番年配であるリーダーの様子が
すこしおかしいことに気づきました。

 

 

 

なぜかリーダーだけが
皆と離れてポツンと立っているんです。

 

 

 

そして、顔が真っ青になり、
苦しそうな顔をしています。

 

 

 

思わず「大丈夫ですか?」
と声をかけたくなるような感じでした。

 

 

 

でも、他のメンバーもマネージャーも、
気にする様子はありません。

 

 

 

たぶんいつものことなんでしょう。

 

 

 

私からみても、
極度にキンチョウしていることがわかりました。

 

 

 

芸能界でも最長老の部類に入るグループの
リーダーなんですが、

 

 

 

その時は、失礼ながら、
まるで慣れないスピーチの前に
ド緊張している一般人みたいに見えました。

 

 

 

でも、さすがプロフェッショナル。

 

 

 

本番はバツグンの安定感で完ぺきにこなし、
沢山の拍手喝采がおこりました。

 

 

 

リーダーは、
キンチョウを思いきり感じ切って、

 

 

 

逆にモチベーションを
高める人だったんですね。

 

 

 

その一部始終を見ていた
元々アガり症だった私は、

 

 

 

「キンチョウも使い方次第なんだなあ」
と納得したのでした。

 

 

 

 

ただ、

 

 

 

そんな話を聞いても、

 

 

 

「キンチョウのからくりは分かったけど、
どうしてもアガり症が治らない」

 

 

 

という方がいらっしゃると思います。

 

 

 

それは対人関係にかかわる
過去の心の傷が
影響しているのかもしれません。

 

 

 

人前でアガる、という現象には
いろいろなサインが隠れている
ことがあります。

 

 

 

それを見逃さず、
専門家といっしょに心の中を
探求することで、

 

 

 

本当の自分を見つける
きっかけになるかもしれません。

 

 

 

心当たりがある方は一度、
ご相談くださいね。

 

あなたとお会いできることを楽しみにしています。

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

人生このままでいいのかな...
なんだかわからないけど違う気がする...
もう頑張るのも疲れた...

と、悩んでいるあなたへ。

自己啓発本を読んだり、
心理カウンセラーの言葉を聞いても
「変われない自分」に落ち込んでいませんか?

自己啓発や心理学程度では
どうしようもできない人も必ずいるんです。

でも、「あること」をイメージして
一瞬、脳を「ダマす」だけで

やりたいことが明確になり、
即行動できる自分になれる!

元、お寺勤めの
異色セラピストが教える
「エモーション・フィット・セラピー」

【お試しカウンセリング】初回限定

通常120分22000円のセッションを
毎月先着5名様に限り、
60分3000円でお試しいただけます。

まずは気軽にお話ししてみませんか?

まだカウンセリングを受けるのは不安・・・
もうちょっと考えてみないと・・・

そういった方は、まずは登録・購読無料の
『生きづらさ解消のツボがわかる5通のメール』からはじめてくださいね。
こちらからカンタン登録できます。

LINEで無料アドバイスします!友だち追加
@020jlobh

★ツイッターでつぶやいてます。
https://twitter.com/wakiyamaakira

 

電話でのお問い合わせは
050-3743-7100(10時~21時)

-HSP, アダルトチルドレン, 生きづらさ, きもちコントロール

PAGE TOP

Copyright© マインドセラピーわきやま , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.